生理前

ニキビが出来やすい年齢層

世間一般のイメージとしては、ニキビが出来やすい年齢層と言えば「思春期」でしょうが、実は「年齢を問わず出来やすい人には出来る」との説が有力なのです。
確かに年齢によってニキビが出来る最大の原因は異なります。
著しい心身の成長を見せる思春期であれば、日々変化を見せる体内のホルモンバランスや精神的な悩み諸々がニキビという形で皮膚上に現れます。

学校という生活環境の中、皮膚にダメージを与えてしまう点も見逃せません。
また20代半ばを過ぎると、皮脂過多が原因で発症するケースが増えて来ます。
あるいは乾燥肌が原因で皮膚の荒れからニキビへと連動するタイプの方も大勢いらっしゃいます。

身体的な成長期は過ぎていますので、この年代から先は逆に「身体の緩やかな衰え」が原因でニキビが出来る世代と言えます。
そして更に年齢を重ねると、自己治癒能力自体が衰えてしまいますので、結果ニキビという形でそれが表面化するのです。
肌の乾燥も一層顕著となりますので、保湿が重要な対処となります。

このようにニキビが出来やすい年齢は特定出来ず、年齢毎に生じる原因や自身の体調自体が異なっている事を踏まえておきましょう。
そして共通する必須対策が「殺菌」「適正な皮脂のバランスの維持」「清潔な状態の維持」であり、当然年齢と個人個人の体質によって、最適なケア製品も異なって来ます。
各年齢事に共通して言える最適な対処法に関しては、書店に並ぶ医学関係書籍やインターネット上で確認が可能です。

大切なのは自身の体質と現時点での症状を正しく把握する事であり、それに基づいて最適なケア製品と処置のノウハウを見極めねばなりません。
10代の若者達に人気のヒット商品を高齢者が用いても十分な効果は得られませんし、逆もまた然りです。
個人で判断に窮するのであれば、皮膚科の専門医の診察を受けてアドバイスを貰うのがベストです。

市場に溢れる宣伝文句だけに惹かれてしまい、間違ったニキビケア製品を誤った処方で用いてはなりません。
身体の内側の変化から生じるニキビと、乾燥肌荒れが引き金で生じるものでは、外観も質も異なっていますし、加齢に因る自力治癒力低下から生じたものもまた同様です。
清潔第一に拘り過ぎるあまり、過剰に洗顔を重ねてしまうと結果「乾燥肌」を悪化させ兼ねません。
ニキビケアもまた「適材適所」「過ぎたるは及ばざるが如し」である事を心得ておきましょう。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない必要な知識 All Rights Reserved.