生理前

実は逆効果?油取り紙でニキビ対策

成人後も悩みの種となるニキビ、その原因が乾燥である事にお気づきでしたか?
いわゆる「乾燥肌」は外からの刺激悪影響に対する免疫が低下した状態の為、結果ニキビが発症しやすく、それが更に影響して毛穴が詰まった状態を併発し兼ねないのです。
乾燥ラインと称されるアゴのラインにニキビが出来やすいのも、こうした関係勢故なのです。

そうした状況を防ぐ働きを担っているのが皮脂で、乾燥防止のために皮膚上に常に分泌されているのですが、これを過剰に除去してしまう人が少なくないのも現状です。
たとえば多くの女性が愛用の油取り紙を用い、頻繁に皮脂を拭き取っ手しまうと、皮膚は「乾燥している」と感知して皮脂を過剰分泌させてしまいます。
これでは正しい皮膚のコンディションを保てているとは言えず、結果ニキビ発症のリスクを高めてしまっていると言えるのです。

更に油取り紙自体も表面上はザラついて固く、ダイレクトに過剰に皮膚の表面に擦り続ければ、結果皮膚の細胞にダメージを及ぼさないとも限りません。
ベタついた感覚を除去出来、使用後はサッパリ感を実感出来る油取り紙ですが、同時にこうしたリスクも伴っている事を知っておきましょう。
油取り紙を過剰に使用せずに適正警察な肌を保つには、やはり石鹸での洗顔がベストです。

洗顔後はタオルで肌の表面上を擦らず、優しくポンポンと当てるように水分を拭い去りましょう。
洗顔石鹸の泡も細かく泡立てるのがポイントです。
油取り紙自体が直接ニキビ発症に繋がる「悪しき存在」という訳ではありません。

過剰に脂ぎった肌もまた、ニキビの原因の1つである事に違いなく、油取り紙を適度に優しく用いる事は間違ったお肌のケアでは無い事、誤解無きようにお願いします。
あくまで過剰に使用する事で、皮膚の表面が「誤認」せぬように注意を払ってください。
ちなみに油取り紙に関連した諸々の知識情報に関しても、インターネット上に多数配信されています。

時間が有れば色々と参照する事で、皆さんが誤って有していた知識の訂正確認や、正しい使用方法などを確認出来るかと思います。
先にも述べた通り、油取り紙自体が硬質な肌触りの製品ですので、無意識に肌の表面を傷つけ、結果皮脂増大を招いてしまうリスクが存在する事、最低限踏まえておくと良いでしょう。
心地良い肌を実感するつもりで使用したつもりが、ニキビ発症の確率をアップさせてしまっていては本末転倒ですので、基礎知識を再確認される事をお薦めしておきます。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない必要な知識 All Rights Reserved.