生理前

ニキビを潰してはいけない理由

周囲の人達の視線が過剰に気になってしまうばかりか、鏡を覗き込み溜息をつく回数が増すばかりの厄介者と言えばニキビ。
苛立ちや痒みから、化膿したものを衝動的に潰してしまう人や、潰す行為自体が習慣化している人も少なくありませんが、これは非常に危険な行為である事を知っておきましょう。
ニキビを潰してしまうと、当然膿が周囲の皮膚に付着します。

ニキビが出来る皮膚の状態は当然良好では無く、皮膚の表面や皮脂の状態も悪化しており、膿が毛穴から体内に混入したり荒れた皮膚に浸透する事で、新たな発症を招いてしまいます。
また潰した指先に雑菌が付着していた場合、それらが毛穴などを通じて体内に入り込んでしまうと、最悪感染症を誘発してしまい兼ねないのです。
更に不自然なタイミングで強引に潰してしまうと、自己再生力が低下している皮膚は完全に復元出来ず、ニキビの跡が変色する形で残ってしまいます。

無理矢理潰してしまったばかりに、結果「ここにニキビがありました」というニキビの痕跡に悩む事となってしまっては本末転倒です。
潰してしまったが故に、より深刻な状況と化してしまった体験談は数多くネット上で語られていますし、医療機関からの「警鐘」という形での配信も見られます。
外観面のみならず健康面までより一層損なってしまっては一大事です。

ニキビという厄介な存在が心身に与える目に見えないダメージは想像以上に大きく、積極性を欠き人間関係そのものに恐怖感を覚えてしまうなど、性格自体が変わってしまうケースも見られます。
一瞬の衝動でたった1つ潰してしまったが為に、皆さんがそんな悲劇の主人公になってしまっては悲し過ぎます。
ニキビにお悩みであれば、まずは皮膚科に足を運び専門医の診察とアドバイスを受けるのがベストです。

情報社会の今日ですから居ながらにして色々な情報が収集可能ですし、それらも貴重なデータには違いありませんが、素人判断は厳禁です。
自身で市販のケア製品を調達使用する際にも、使用上の注意をしっかり読み込み理解確認の上、正しく用いる事を徹底しましょう。
ニキビを気にされている一部の人達以外からすれば、ニキビはそれ自体意識されていない小さな小さな存在なのです。
気持ちを大きく持つ事は当事者からすれば大変な事ですが、過剰に気にせず正しい治癒法を根気良く続けていただきたいと思います。
悩み続けた日々が遠い苦笑い話となる時が訪れるのは、そう遠くはありません。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない必要な知識 All Rights Reserved.