生理前

生理前にできるニキビの対処法

生理の時期が近づく度にニキビや吹き出物に悩む女性は少なくありませんが、これは体内のホルモンのバランスの崩れが大きく関係しています。
それでも生理前に発症したニキビであれば、時間の経過と共に自然に治まって行きますが、翌月同様の状況となる事を繰り返してしまい、悩みの種となってしまいます。
少し専門的なお話になりますが、排卵期を過ぎて次の生理開始までの時期を「黄体期」と称しています。

この時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが通常よりも多く分泌される傾向があり、これは男性ホルモンに共通する作用をもたらすホルモンです。
結果皮脂の分泌を活性化させ、これがニキビ発症の原因となるのです。
同時に肌のコンディション自体が不安定となるため、皮膚上にシミや色素の沈着が見られるのもこの時期なのです。

こうしたメカニズムを把握の上、生理前に発症するニキビに対処するには、皆さん自身の生理周期を正確に自覚する事が大切です。
面倒でも基礎体温を日々測定し、自身の整理周期を確認してください。
排卵日を過ぎて黄体ホルモンの分泌量の増加が始まる黄体期に入ると、皆さんの基礎体温が上昇傾向をせます。

この高温期は身体の内側に熱がこもりやすいので、結果肌の状態が悪化しやすくなるのです。
些細な刺激や体調変化からニキビが出来てしまうリスクが高まる時期ですので、この時期に新たな化粧品を用いたり、皮膚に過度な施術を施さないように心掛けてください。
また生理前は皮脂の分泌も活性化しますので、過剰に洗顔を重ねたりしないように注意してください。

皮脂を過剰に除去する事で更に皮脂の分泌を増加させてしまい、結果ニキビ発症を招いてしまい兼ねないのです。
更に言うまでもありませんが、出来てしまったニキビを掻いたり潰してしまうなどの行為は厳禁です。
その他、脂っぽい食事を控える事、十分な睡眠を取る事など、日常生活に於いて僅かな注意で実践出来る対処法がニキビ防止に大きな効果を見せてくれます。

その他ストレスや不規則な生活サイクルなど、普段以上に身体が敏感になっている時期には全てがニキビ発症に直接的あるいは間接的に作用しないとも限りません。
過剰に神経質になる必要はありませんが、皆さん自身の身体の変化を自覚の上、適材適所の対処法を心掛けましょう。
最初は少し大変かも知れませんが、約1ヶ月サイクルの習慣にしてしまえば、今回ご紹介の諸々の注意に関しても、心身の負担は感じないかと思います。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない必要な知識 All Rights Reserved.