生理前

塩洗顔でニキビを消す!

皆さんは「塩洗顔」なる言葉をご存知でしょうか?
実はこの塩洗顔がニキビ撃退に大きな効果をもたらすと注目されているのです。
ここでは具体的に塩洗顔の正しいやり方をご紹介しますので、ご興味をお持ちの方はぜひご一読ください。

まずは塩洗顔を実行するに際しては、メイクは必ず事前に落としてください。
細かく言えば幾つかの手法がありますが、普段皆さんが日常愛用されている洗顔料にスプーンに1杯程度の食塩を混入して「オリジナル洗顔剤」を作成するのです。
中には塩のみで洗顔される方も見られますが、これでは泡立たないばかりか肌に過剰な刺激をもたらしてしまい、逆に傷つけてしまい兼ねません。

塩は先に述べた通り食塩でOKですが、ザラつきが気になるのであればより粒子の細かい塩を用いてください。
この塩洗顔で肌の表面上の汚れや皮質を除去出来ますが、同時に皮膚の脂分も落としてしまいます。
塩洗顔の後は必ず十分な保湿を欠かさない事が大切です。

次に塩洗顔のペースですが、肌には適度な潤いが必要ですので、ああり頻繁に行うと乾燥肌を招き兼ねません。
個人差も当然見られますが、平均的には週1回程度のペースから暫く試してみる事をお薦めします。
より早期の効果を期待するあまり、ペースアップし過ぎてしまっては逆効果ですので、中長期的に焦らず継続する姿勢を忘れないでください。

肌の脂分のみならず水分まで除去し過ぎてしまうと、乾燥肌のみならず小じわにも繋がってしまいます。
暫く継続して肌の乾燥を自覚したのであれば、更にペースダウンして10日1回など間隔を調節してください。
そして洗顔時の力加減ですが、塩の粒がダイレクトに皮膚に接触しますので、通常の洗顔よりも一層注意を払ってください。

乱暴にゴシゴシと洗うのは厳禁です。
掌と指の腹の部分で優しく洗顔し、顔の皮膚をマッサージする感覚で洗顔してください。
そして洗顔は流水で行う事が大切です。

水をたっぷりと用いてすすぐ事が重要で、擦ってしまわないように十分注意してください。
あるいは洗面器一杯に溜めた水を用いても構いません。
掌に僅かな水をすくって洗うスタイルはNGです。

その他、塩洗顔を習慣化して実感した肌の敏感な変化にも気を配ってください。
仮に僅かでも違和感を覚えた場合には、速やかに一時集団する判断力も不可欠です。
正しく行えばニキビに十分な効果が期待出来る塩洗顔ですので、間違った我流に走ってしまわぬ事を徹底の上、ニキビ対策に活かしていただければベストです。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない必要な知識 All Rights Reserved.